16.02 премьера трека Spitz, Batz! — «Рыскаю» на Youtube. Перейти на канал アクセシビリティ - Apple(日本)

Appleのアクセシビリティ

必要に応じてカスタマイズ。

Appleの製品とサービスには、
あなたが
様々なことをできるように設計された
機能が組み込まれています。

大きく。太く。見やすく。

拡大鏡 + ドアの検出

あらゆる
情報を
キャッチします。

拡大鏡は、デジタル版の虫めがねのように機能します。iPhoneやiPadのカメラを使って、薬のラベルからキャンドルで照らされたメニューまで、レンズを向けたあらゆるもののサイズを拡大できます。拡大鏡の検出モードでは、カメラ、LiDARスキャナ、デバイス上の機械学習を組み合わせることで、人の検出、ドアの検出、画像説明が可能に1。人の検出機能を使えば、近くにいる人との距離を測定できます。ドアの検出機能は、あなたの周囲の状況をより詳しく描写。ドアやテキストだけでなく、トイレや禁煙のサイン、車椅子が使える入口の標識なども識別して、目的地までの数メートルの距離を案内します2。画像説明は、カメラの視野の中にあるアイテムについて一段と詳しく説明します。

あらゆる情報をキャッチします。

ディスプレイの設定

製品プラットフォーム全体に対応する数々の設定により、あなたの好きなようにオンスクリーンディスプレイをカスタマイズできます。「文字を太くする」機能や「さらに大きな文字」機能を使ってテキストを読みやすくしたり。カラーを反転させたり、コントラストを上げたり、透明度を下げたり。カラーフィルタを適用して、あなたの視覚のニーズに最適な方法でスクリーンを調整することも。iOSとiPadOSではこれらの設定をアプリごとに適用できます。さらにmacOSでは、マウスポインタやその輪郭線の色をカスタマイズして画面上で一段と見つけやすくすることもできます。

ディスプレイを
あなた仕様に。

ズーム

ズーム機能を使って拡大したテキスト

スクリーンの一部を一瞬で拡大できます。iOS、iPadOS、macOSでは、拡大した領域を別のウインドウで表示しながらほかの部分をもとの大きさのまま残す、ピクチャ・イン・ピクチャ表示も使えます。

ますます大きく

知るべきことを
もう逃しません。

感覚的な通知

電話やFaceTime通話の着信、新しいメッセージ、Eメール、カレンダーのイベントの通知を受け取る時に、iPhoneが振動するようにしたり、iPhoneとiPad上でLEDライトをすばやく点滅させられます。Macでは、アプリがあなたに何かを知らせたい時に画面を点滅させることもできます。

通知します。光で。振動で。

感覚的な通知を設定する:

サウンド認識

緊急時でも音が
見える。音を感じる。

iPhone上でサウンド認識が火災報知器の作動をアラートで通知している。

この機能はデバイス上の知能を使って、アラーム、電化製品、ドアのノック、車のクラクション、赤ちゃんの泣き声など、15種類の異なる音を検知した際に通知でお知らせします。電子音については、自宅のドアベルの音など、あなたの環境に特有の音をiPhoneまたはiPadが聞き取ったら通知させるようにすることもできます。デバイスがこれらの音またはアラートを検知すると、表示や振動による通知が届きます3

緊急時でも音が見える。音を感じる。

サウンド認識を設定する:

作業の方法を、
あなたに合わせます。

AssistiveTouch + Apple Watch

つまむ。
つまむ。
電話ができる。

Apple WatchのAssistiveTouchを使うと、上肢に障がいのある方がディスプレイやコントロールに触れることなくApple Watchを使用できます。Apple Watchは、内蔵されたモーションセンサーとデバイスの学習機能を使って筋肉や腱の動きの微妙な違いを検知。ピンチやクレンチなどのハンドジェスチャーを通してディスプレイをコントロールできるようにします。かかってきた電話に出たり、画面上のモーションポインタを操作したり、通知センターやコントロールセンターにアクセスするなど、様々なことができます4。Siriでショートカットを実行してタスクをこなしたり、iPhone上のVoiceOverやスイッチコントロールの設定を変更する時も、Apple WatchのAssistiveTouchが使えます。

iOSとiPadOSのためのAssistiveTouchでは、ピンチ、回転、スワイプなどの標準的なジェスチャーを、あなたがより使いやすい方法に調整できます。音量調節などそのほかのアクションに、AssistiveTouchのメニューからアクセスできるようカスタマイズすることもできます。

つまむ。つまむ。電話ができる。

AssistiveTouchを設定する:

背面タップ

タップを2回。

背面タップとiPhoneの側面。

ほら、
こんな
ことが。

コントロールセンターを開く。スクリーンショットを撮る。お気に入りのアプリを立ち上げる。iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップするだけで、あらゆる種類のアクションが実行されるよう設定できます。背面タップは、様々なアクセシビリティ機能をオンにしたり、Siriでショートカットを実行するのにも使えます。ホーム画面上で標準的なジェスチャーを行うのが難しい場合に、代わりに使える優れた方法です5

背面タップを設定する:

iPhone

Siri + ショートカット

あれもこれも、
Siriが手伝います。

電話をかける。メッセージを送る。Siriは、あらゆることをより簡単に、よりすばやく片付けられる便利な方法です。様々なSiriの声から選ぶことができ、ニュースを読み上げたり、質問に答えたりする時に驚くほど自然に聞こえます6。声を出さずに質問をしたりコマンドを出すには、「Siriにタイプ入力」を使いましょう。アクセシビリティ機能のオンとオフを切り替えるのも、AirPods、Beats、ヒアリングデバイスを通じて通知を読み上げさせるのも簡単。ショートカットアプリを使えば、あなたが最もよく使うアプリで毎日するあらゆることをすばやくこなせます。「Hey Siri」と話しかけて、実行したいショートカットの名前を言うだけ。ショートカットを使い始めるには、ショートカットアプリの「ギャラリー」タブに用意されているショートカットオプションを試してみましょう。

あれもこれも、
Siriが手伝います。

集中できる
理由があります。

Safariのリーダー機能

余計なものがない。

だから、もっと
夢中になれる。

視覚的な煩雑さが減り、広告、ボタン、ナビゲーションバーなどが表示されなくなるので、見たいコンテンツだけに集中できます。フォントの種類やサイズ、背景色をカスタマイズして、スクリーン上のテキストを一段と読みやすくすることも。Safariのリーダー機能を利用できるウェブサイトで、自動的にリーダー表示が適用されるよう選ぶこともできます。

余計なものがない。だから、もっと夢中になれる。

Safariのリーダー機能を設定する:

読み上げコンテンツ

文章を心地良い
音楽のように聴こう。

読んでいる内容や書いている内容を耳で聞くことで、一段と学習効果や理解が高まる人もいます。画面の読み上げ、選択項目の読み上げ、入力フィードバックなどの機能は、聴覚の要素をテキストに加えることでそのような方をサポートします7。「内容を強調表示」を使えば、読み上げられている単語または文章、あるいはその両方を、好きなスタイルと色で強調表示することもできます。

文章を心地良い音楽のように聴こう。

読み上げコンテンツを設定する:

バックグラウンドサウンド

リラックスをボリュームアップ。

バックグラウンドサウンドは、気が散ったり、不快に感じたり、圧倒されるような生活音を最小限に抑えるのに役立ちます。バランスの取れたノイズ、ブライトノイズ、ダークノイズ、波、雨、小川の音をバックグラウンドで連続再生することで、集中したり、リラックスしたり、休息できるようにします。デバイスを使っている時に、ほかのオーディオやシステムサウンドと融合させたり、その背景で流すこともできます。

リラックスをボリュームアップ。

バックグラウンドサウンドを設定する:

文字だけでなく、
絵も写真も読みます。

VoiceOver

言葉で伝えます。言葉で説明します。

VoiceOver機能がiPhone上の画像を説明し、その内容を表示している。「ウェーブのかかった黒髪の人が笑っています。」

VoiceOverは、デバイス上で起きていることを正確に説明する業界最先端の画面読み上げ機能です。画面上に表示されている内容の説明を耳で聞きながら、またはiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、HomePodで対応する点字デバイスを使っている場合は点字で読みながら、デバイスを操作できます7。画像内の人、テキスト、表データなどのオブジェクトについて詳しく理解することができ8、レシートやラベルは表のように行や列ごとにヘッダーの情報と合わせて読み上げられます。VoiceOverは画像内の人とほかのオブジェクトの位置関係も説明できるので、あなたは思い出をより鮮明に追体験できます。

言葉で伝えます。言葉で説明します。

バリアフリー音声ガイド

あらゆるシーンを
言葉で描きます。

映画を観る時に、登場人物の表情からその場面のムードまで、シーンの中で起きていることすべてを詳しい音声ガイドで聞くことができます。バリアフリー音声ガイドは、Apple TV+オリジナルのすべてのコンテンツで利用できます。

See ~暗闇の世界~ をApple TVアプリで観る

あらゆるシーンを言葉で描きます。

選択項目の読み上げ

読み上げの吹き出し

テキストを選ぶ。
テキストが
聞こえる。

耳で聞きたい特定の範囲のテキストを選んで、iPhone、iPad、Macに読み上げさせることができます。「選択項目の読み上げ」機能は、60を超える言語と地域に対応します7

テキストを選ぶ。テキストが聞こえる。

選択項目の読み上げを設定する:

どこでも、どんな音でも。

ヘッドフォン調整

その音を、
あなたの
聞き方で。

AirPods Proのイラスト

あなたの聴覚のニーズに合わせて、オーディオ体験をカスタマイズしましょう。iPhoneとiPadでは、ヘッドフォンを通してメディアの再生音や通話音声がよりはっきりとクリアに聞こえるように、弱い音を増幅したり特定の周波数を調整できます。紙やPDFのオージオグラムから読み込んだ最新の聴力検査の結果をもとに、オーディオの設定をすばやく調整することもできます。AirPods Proは、人混みや雑音の多い環境で会話をする時に相手の声に集中しやすくなる「会話を強調」機能を搭載。コンピュテーショナルオーディオとビームフォーミングマイクにより、正面で話している人の声が強調されるので、騒々しい場所で対面で話す時も、周囲のノイズから相手の言葉を聞き分けて会話を理解しやすくなります。

その音を、あなたの聞き方で。

「Made for iPhone」ヒアリングデバイス

音量が場所に
合わせます。

補聴器を付けた耳の絵文字

Appleは業界を代表するメーカーと協力して、iPhoneとiPadのための特別な補聴器、人工内耳、サウンドプロセッサを開発しました。ほかのリモコンを一切使わずにあなたの聴覚専門医によるプリセットを適用したり、静かな環境から雑音が多い環境に移動した時に自分でレベルを調整することができます。双方向補聴器にも対応するので、聴覚に障がいのある方はハンズフリーで電話やFaceTimeの会話ができます。「Made for iPhone」ヒアリングデバイスを通じてSiriに通知を読み上げさせれば、あらゆる通知をよりしっかりと把握できます。

音量が場所に合わせます。

「Made for iPhone」ヒアリングデバイスを設定する:

ライブリスニング

はっきり
聞こえる。

隣の部屋から
呼びかける声も。

ライブリスニングを使うと、対応するワイヤレスヘッドフォンや、補聴器や人工内耳などの「Made for iPhone」ヒアリングデバイスにiPhoneまたはiPadから音声を送信して、大きな音量設定で会話を聞いたり、部屋の向こう側から話しかけてくる人の声を大きくすることができます9

すべての動作が
操作になります。

音声コントロール

声だけで撮影も
できる。

iOS、iPadOS、macOSを使って、シンプルな音声コマンドだけでアプリをすばやく開いて操作しましょう。クリックできる項目の横に番号付きラベルを表示させて操作したり、画面上にグリッドを表示して選択、拡大、ドラッグを正確に行うこともできます。音声コントロールのスペルモードを使えば、個別の文字またはフォネティックアルファベットのいずれかから選んで、名前や住所だけでなく固有のスペルも一文字ずつ音声入力できます10。音声コントロールは、中国語、フランス語、日本語など、数多くの言語で利用できます11

声だけで撮影もできる。

音声コントロールを設定する:

iPadOSのサポート

視線だけであなたのiPadを操作しましょう。iPadOSは、他社製のアイトラッキングデバイスに対応します12。対応デバイスは、あなたが画面のどこを見ているかをトラッキングし、目の動きに合わせてポインタを動かします。しばらく視点を動かさないことで、タップして選択などの画面操作も実行できます。

アイトラッキングのサポートをオンにする:

iPad

スイッチコントロール

そのスイッチが
近道になります。

スイッチコントロールのパネルに表示されたマップの検索機能

様々な適応デバイスと項目スキャン、ポイントスキャン、手動スキャンを使って、画面上の要素の間を順番に移動しながら特定のアクションを実行できます。スイッチコントロールは、スイッチ、ジョイスティック、キーボードのスペースバー、トラックパッドなどのアクセサリに対応。舌や唇による破裂音や「イー」の音など、口で鳴らすシンプルな音に対応するスイッチコントロールのサウンドアクションも使えます。また、Apple Watchをミラーリングすれば、スイッチコントロールやそのほかの支援機能を使ってApple WatchをiPhoneから思いのままに操作できます13

そのスイッチが近道になります。

アクセシビリティ機能を、

使い始めてみませんか?

アクセシビリティの
サポート

さらに詳しく

アクセシビリティの
ためのアクセサリ

今すぐ見る

デベロッパの
ためのガイド

さらに詳しく

アクセシビリティに関する

Appleの取り組みを紹介します。