Windows 用 iCloud の設定と使用

Windows 用 iCloud を使えば、Windows パソコンにある写真、書類、ブックマークを自動的に Apple デバイスと同期できます。

始める前に

iPhone、iPad、iPod touch または Mac で iCloud を設定し、Apple ID でサインインしておいてください。その上で、以下の手順にそって Windows 用 iCloud をダウンロードし、設定します。 

iCloud の最新機能を使うには、推奨されるシステム条件を参照してください。iCloud を使うには、インターネット接続が必要です。iCloud は、地域によって利用できない場合があります。また、利用できる機能が異なる場合もあります。管理対象 Apple ID をお使いの場合、Windows 用 iCloud はサポート対象外です。

Windows 用 iCloud を設定する

  1. Windows 用 iCloud を Windows パソコンにダウンロードします。 
  2. コンピュータを再起動します。
  3. Windows 用 iCloud が開いていることを確認します。自動的に開かない場合は、「スタート」に移動して、「すべてのアプリ」または「すべてのプログラム」を開き、Windows 用 iCloud を開きます。
  4. Apple ID を入力して iCloud にサインインします。
  5. デバイス間で最新情報を同期したい機能やコンテンツを選択します。
  6. 「適用」をクリックします。

* お使いの Windows システムの調べ方については、こちらの Microsoft の記事を参照してください。

写真をダウンロードして共有する

Windows 用 iCloud で「写真」をオンにすると、エクスプローラーに「iCloud フォト」という名前の写真用フォルダが作成されます。iCloud 写真では、Windows パソコンで「iCloud フォト」フォルダに追加された新しい写真とビデオがアップロードされるので、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、さらに iCloud.com の写真 App でもそれらの写真とビデオを見ることができるようになります。新しく撮影した写真やビデオは自動的に iCloud 写真からダウンロードされます。

写真を共有する

写真を共有することもできます。写真アルバムを使えば、写真やビデオをほかの人と共有し、共有している写真やビデオを閲覧し、コメントを投稿し合うことができます。最新バージョンの Windows 用 iCloud をお使いの場合は、写真をデバイスのローカルに保存するように固定できます。固定を解除すると、その代わりに iCloud にアップロードされます。

iCloud 写真の設定方法と使い方については、こちらの記事を参照してください。 

iCloud Drive のファイルとフォルダを表示する

Windows 用 iCloud で「iCloud Drive」をオンにすると、ファイルエクスプローラーに「iCloud Drive」フォルダが作成されます。iCloud に保存した書類は、このフォルダの中に入っています。Windows パソコンでファイルを作成して「iCloud Drive」フォルダに保存すると、ほかのデバイスにもそのファイルが表示されます。

友達や同僚と一緒に同じファイルで作業したい場合は、個々のファイルを共有するか、共有フォルダを作成して、ファイルのグループを共有できます。ファイルやフォルダをピン留めしておけばオフラインでも使えるようになり、ダウンロードまたは共有したファイルの状態も簡単に調べることができます。Windows 用 iCloud 12 では、過去 30 日間に iCloud Drive から削除され、iOS、iPadOS、または iCloud.com の「最近削除した項目」、macOS のゴミ箱、Windows のごみ箱に入っているファイルを検索して、復元できます。「最近削除した項目」で「削除」または「すべて削除」を使った場合や、macOS でゴミ箱を空にした場合は、ファイルを復元できません。復元したいファイルが見つからない場合は、過去 30 日以内に削除されたファイルを iCloud.com で復元できます。

iCloud Drive のファイルやフォルダには、iCloud.com でアクセスすることもできます。

Windows 用 iCloud からファイルを移動しようとするとエラーが表示される場合は、そのファイルを Windows パソコンにダウンロードする必要がある可能性が考えられます。ファイルをダウンロードした後で、もう一度移動してみてください。 

App を最新の状態に保つ

すべてのデバイスで iCloud を使っている場合、どのデバイスを使っていても、メール、連絡先、カレンダー、タスク*で常に最新の情報を確認できます。以下の手順にそって、Windows パソコン、iPhone、iPad、iPod touch、Mac で iCloud を設定しておいてください。 

* Mac または iOS デバイスでは、「タスク」ではなく「リマインダー」と表示されます。

Windows パソコンの場合

  1. Windows 用 iCloud を開きます。
  2. 「メール、連絡先、カレンダー、およびタスク」を選択し、「適用」をクリックします。 
  3. Microsoft Outlook 2007 〜 Outlook 2016 の左側のフォルダパネルに iCloud メールアカウントが表示されます。

他社製のメール App を使って Windows 用 iCloud の外で iCloud にサインインする場合は、App 用パスワードを作成して、デバイスで情報を最新に保つことができます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順にタップし、「iCloud」を選択します。 
  2. 「メール」「連絡先」「カレンダー」「リマインダー」をオンにします。

Mac の場合

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「Apple ID」をクリックします。
  2. 「iCloud」をクリックし、「メール」「連絡先」「カレンダー」「リマインダー」を選択します。

iCloud を利用する App の管理方法については、こちらの記事を参照してください。

複数のデバイスでパスワードを保存する

Apple ID で 2 ファクタ認証を使っていて、iOS 14 以降を搭載したデバイスを所有している場合は、重要な Web のパスワードを保存しておいて、iPhone、iPad、 iPod touch の Safari、Windows パソコンの Chrome で最新の状態に維持しておけます。

  1. Windows 用 iCloud の環境設定パネルで「パスワード」をオンにします。
  2. Chrome ウェブストアで iCloud Passwords 機能拡張をダウンロードします。 

インストールした後、資格情報を保存してある Web サイトを訪れた際に、iCloud Passwords Chrome 機能拡張のアイコンをクリックしてください。 

iCloud ストレージの利用状況とアカウント情報を管理する

iCloud ストレージの利用状況を管理する

  • iCloud ストレージの空き容量を調べるには、Windows 用 iCloud を開きます。
  • ストレージを管理するには、「保存容量」をクリックします。App を選択してストレージの使用量を調べるか、または「さらに容量を購入」をクリックしてストレージプランをアップグレードします。

Windows 用 iCloud 10 以降をお使いの場合は、ファイルをデバイスのローカルに保存するように固定できます。固定を解除すると、その代わりに iCloud にアップロードされます。

アカウント情報を管理する

Apple ID の情報を変更する場合は (メールアドレス、住所、その他のアカウント情報を変更するなど)、Windows 用 iCloud を開いて、「アカウントの詳細」をクリックします。「Apple ID の管理」をクリックします。

Windows 用 iCloud のバージョンをアップデートする

Windows 用 iCloud 10 以降:

Microsoft Store にアクセスして、ソフトウェア・アップデートが提供されていないか調べてください。 

それ以前のバージョンの Windows 用 iCloud:

アップデートがないか調べるには、Windows パソコンで Apple Software Update を開きます。アップデートが公開された時点で Apple Software Update から通知を受けるには、「編集」>「設定」の順に選択し、アップデートを確認する頻度を選択します。「毎日」「毎週」「毎月」「設定しない」から選択できます。 

問題がある場合Windows 用 iCloud をダウンロードまたはインストールできない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。 

Windows 用 iCloud を無効にするかアンインストールする

Windows 用 iCloud でサービスを無効にすると、iCloud で情報が自動的にアップデートされなくなり、ほかのデバイスでアップデートした情報が Windows に反映されなくなります。サービスまたは iCloud を無効にするには、以下の手順を実行してください。

  • Windows パソコンでサービスを無効にするには、Windows 用 iCloud を開いて、そのサービスを選択または選択解除します。変更内容を保存するには、「適用」をクリックします。 
  • Windows 用 iCloud を無効にする場合は、Windows 用 iCloud を開いてサインアウトします。 

Windows 用 iCloud をアンインストールする必要がある場合は、忘れずに iCloud のデータのコピーを作成し、Windows パソコンに保存しておいてください。Windows パソコンで Windows 用 iCloud からサインアウトし、次の手順を実行してください。

Windows 8 以降:

  1. スタート画面を表示し、画面の左下隅を右クリックして、「コントロール パネル」を選択します。
  2. 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  3. 「iCloud」>「アンインストール」の順に選択します。
  4. 確認メッセージが表示されたら、「はい」を選択します。

Windows 7:

  1. 「スタート」メニュー >「コントロールパネル」の順に選択します。
  2. 「プログラム」>「プログラムと機能」の順にクリックします。
  3. 「iCloud」>「アンインストール」の順に選択します。
  4. 「OK」をクリックして続行します。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: