Cookieおよびその他のストレージ技術

Cookieとは、ウェブブラウザーに情報を保存するために使われる短いテキストのことです。Cookieは、コンピューター、携帯電話およびその他のデバイスで、識別情報などの情報を保存したり取得したりするのに使われます。Facebookが利用者のウェブブラウザーやデバイスに保存するデータや、利用者の使用デバイスに関連付けられている識別情報、他のソフトウェアなどを含む、その他の技術も同様の目的に利用されます。このポリシーでは、これらの技術を総称して「Cookie」といいます。

Facebookでは、利用者がFacebookアカウントを保有している場合、FacebookのウェブサイトやアプリなどのFacebook製品を利用する場合、またはFacebook製品(「いいね!」ボタンやその他のFacebookのテクノロジーなど)を使用する他のウェブサイトやアプリにアクセスする場合に、Cookieを使用します。Cookieを使用することで、Facebookは、利用者が登録済みかログインしているかどうかにかかわらず、Facebook製品を利用者に提供するとともに、利用者による他のウェブサイトやアプリの使用状況など、利用者について受け取る情報を理解できるようになります。

このポリシーでは、FacebookによるCookieの使用方法と、利用者に与えられている選択肢を説明します。このポリシーに別段の記載がある場合を除き、Cookieによって取得した情報に対してFacebookが行う処理には、データに関するポリシーが適用されます。

Cookieを使用する理由

Cookieの使用は、コンテンツのパーソナライズ、広告のカスタマイズや効果測定、より安全な使用環境の提供などを通じて、Facebook製品の提供、保護、改善に役立っています。Facebookが使用するCookieには、ブラウザーを閉じると削除されるセッションCookieと、期限が切れるか削除されるまでブラウザーに残るパーシステントCookieがあります。Facebookが使用するCookieは、Facebook製品の改善とアップデートに伴い随時変わることがありますが、FacebookはCookieを以下の用途で使用しています。
認証
Facebookでは、Cookieを使って利用者のアカウントを認証し、利用者がログインしているかを判断します。これにより、利用者はより簡単にFacebook製品にアクセスできるようになり、適切なサービスや機能が提供されるようにもなります。
例: Cookieを使用して、利用者がFacebookページ内でページを移動しても、ログイン状態を維持するようにしています。Cookieは利用者のブラウザーを記憶するのにも役立ちます。そのため、利用者は何度もFacebookにログインする必要がありません。サードパーティのアプリやウェブサイトからもより簡単にFacebookにログインできます。例えば、「c_user」および「xs」のCookieはこの目的で使用されます。これらの保持期間は365日です。
セキュリティ、サイトや製品の保全
利用者のアカウントやデータ、Facebook製品の安全性とセキュリティを常に確保するために、FacebookはCookieを活用しています。
例: 何者かが無許可で(例えばパスワードクラッキングのような方法を使って) Facebookアカウントにアクセスしようとしたときに、Cookieを使用していることで、そのような行為を検出し、追加のセキュリティ対策を講じやすくなります。また、利用者がパスワードを忘れた場合にそのアカウントをFacebookが復旧できるようにしたり、アカウントへの不正アクセスを利用者ご自身がFacebookに報告した場合に、追加の認証が必要となるようFacebookが設定できるようにしたりするためにも、Cookieを使用して情報を保存しています。これには、例えば「sb」や「dbln」のCookieなどが含まれ、FacebookではこうしたCookieを使用することで、利用者のブラウザーを安全に特定できるようにしています。
ポリシー違反や、Facebook製品の提供を妨げるその他の行為に対抗する手段としても、Cookieを使用しています。
例: Cookieを使うことで、偽のFacebookアカウントを大量に作成する目的で使われているコンピューターを特定できるため、スパムやフィッシングなどの攻撃を防ぐのに役立ちます。また、マルウェアに感染しているコンピューターを検出し、そこから被害が広がらないようにする措置を講じるためにも、Cookieが利用されます。例えば、Facebookが使用している「csrf」のCookieは、クロスサイトリクエストフォージェリ攻撃を防ぐのに役立っています。年齢制限に満たない人がFacebookアカウントに登録するのを防ぐことにも役立っています。
広告、おすすめ、インサイトおよび効果測定
FacebookはCookieを活用することで、事業者やその他の団体が宣伝している商品、サービス、理念に興味を持つ可能性の高い利用者に対して、広告やおすすめ情報を表示しています。
例: Cookieを使用すると、事業者のウェブサイトに以前アクセスしたことがある人、当該事業者の商品を購入した人、または当該事業者のアプリを使ったことがある人に広告を配信したり、そのような利用者の行動に基づいて製品やサービスをおすすめしたりすることを効果的に行えるようになります。また、Cookieを使用することで、同じ広告が表示される回数を制限できるため、同じ広告が利用者に何度も表示されることがなくなります。例えば、「fr」のCookieを使用することで、広告を配信し、当該広告の関連性を測定してその関連性の向上を図っています。このCookieの保持期間は90日です。
さらに、Facebook製品を利用している事業者のために広告キャンペーンのパフォーマンスを効果的に測定する目的でもCookieを使用しています。
例: Cookieを使用することで、広告の表示回数を計測したり、広告の費用を計算したりしています。また、利用者が広告インプレッション後の購入などのアクションを行う頻度も、Cookieを使用して測定しています。広告とサイトの分析サービスを提供することを目的に、「_fbp」のCookieを使用してブラウザーの識別を行っています。このCookieの保持期間は90日です。
Cookieを使用することで、同一の人が使用しているさまざまなブラウザーとデバイスにわたって、広告の配信とその効果の測定を効果的に行えるようになります。
例: Cookieを使用すると、複数のさまざまなデバイスを利用者が使っている場合に、同じ広告がそれらのデバイスにわたって何度も表示されることがなくなります。
また、Cookieを使うことで、Facebook製品の利用者や、Facebook製品を利用する広告主や事業者の広告、ウェブサイトおよびアプリに反応する利用者に関するインサイトを提供できます。
例: FacebookではCookieを使って、事業者が自社のFacebookページに「いいね!」している人や、自社のアプリを利用している人のタイプを把握できるようにしています。そうすることで、事業者は顧客に関連性の高いコンテンツを提供したり、顧客が興味を持つ可能性の高い機能を開発したりできます。
また、Facebookが使用している「oo」のCookie (保持期間は5年)などのCookieは、サードパーティのウェブサイトでの利用者のアクティビティに基づいてFacebookで広告が表示されることのないよう、利用者がオプトアウトする場合にも活用されています。Facebookが受け取る情報、Facebook製品の内外で利用者に表示される広告の決定方法、および利用者に提供される管理設定について、詳しくはこちらをご覧ください。
サイトの機能とサービス
Cookieは、Facebook製品の提供に役立つ機能を有効にするために使用されています。
例: Cookieは、利用者が選んだ設定の保存、利用者がいつFacebook製品のコンテンツを見たりアクションを起こしたりしたかの把握、利用者へのカスタマイズされたコンテンツやサービスの提供に役立っています。 例えば、Cookieを使用することで、利用者におすすめを表示したり、Facebookのソーシャルプラグインを統合しているサードパーティのサイトのコンテンツをカスタマイズしたりできます。ページ管理者はCookieを使用して、投稿の際に個人用Facebookアカウントとページアカウントを切り替えることができます。セッションベースである「presence」のCookieなど、利用者がMessengerのチャットウィンドウを使う際のサポートのために使用されているCookieもあります。
また、Cookieは利用者のロケールに関連性の高いコンテンツを提供するためにも活用されています。
例: 利用者のブラウザーまたはデバイス上に配置されたCookieに情報を保存することによって、利用者の選択言語でサイトを表示できます。
パフォーマンス
Cookieを使用して、Facebookをより快適かつ便利にご利用いただけるようにしています。
例: Cookieをサーバー間でのトラフィックのルーティングや、それぞれ異なる利用者環境でのFacebook製品の読み込み速度の把握に役立てています。また、利用者の画面やウィンドウのアスペクト比やサイズを記憶したり、高コントラストモードがオンになっているかを把握したりして、Facebookのサイトとアプリが正しく表示されるようにするためにも、Cookieは役立っています。例えば、「dpr」と「wd」のCookie (それぞれ保持期間は7日)を設定することで、利用者が使用するデバイスの画面に最適な表示設定が適用されるようにしています。
分析と調査
Cookieは、Facebook製品の利用状況をより的確に把握するために使用されており、Facebook製品の向上に役立っています。
例: Cookieは、Facebookがその提供するサービスの利用状況を把握し、利用者がFacebook製品のどの部分を最も便利で魅力的と感じているかを分析し、改善の余地のある機能を特定することに役立っています。
Googleアナリティクス
Googleアナリティクスサービスと連携して事業者がFacebookの開発者サイトをどのように利用しているか把握するのに役立つ、Facebook.comドメインからのCookieも設定しています。これらのCookieの名前は、__utma、__utmb、__utmc、__utmz、__qca、_gaなどです。
サードパーティのウェブサイトおよびアプリ
Facebookのビジネスパートナーは、利用者におけるFacebookアカウントの有無やログイン状態にかかわらず、自社サイトのドメインに設定されたCookieからFacebookと情報を共有することも選択できます。特に、_fbcまたは_fbpという名前のCookieが、利用者が訪問しているサイトを所有するFacebookビジネスパートナーのドメインに設定されていることがあります。Facebookの自社ドメインに設定されているCookieとは異なり、これらのCookieは、設定されたサイト以外のサイトに利用者がいるとき(Facebookのいずれかのドメインにいるときを含む)にはFacebookからアクセスできません。これらのCookieは、このCookieポリシーに記載する、Facebookの自社ドメインに設定されたCookieと同じ目的、つまり、コンテンツ(広告を含む)のパーソナライズ、広告の効果測定、分析の提供、より安全な使用環境の提供といった目的を果たします。

Cookieの利用場面

Facebookは、利用者が次のサービスの利用やアクセスを行ったときに、利用者のコンピューターやデバイスにCookieを配置し、Cookieに保存された情報を取得することがあります。

  • Facebookグループ企業のうちFacebook以外の企業が提供する製品
  • 自社のウェブサイトやアプリにFacebookのテクノロジーを統合している企業など、Facebook製品が利用されている他の企業が提供するウェブサイトやアプリ。 Facebookは、利用者がこれらのサイトやアプリにアクセスしたときに、利用者ご自身で別途アクションを行わなくても、Cookieを使用してデバイス情報や利用者のアクティビティに関する情報などを受け取ります。 この情報の受け取りは、利用者におけるFacebookアカウントの有無やログイン状態にかかわらず発生します。

Facebook製品に関連してサードパーティがCookieを使用することはあるかについては、

「はい」が回答となります。サードパーティがFacebook製品でCookieを使用して、Facebookや、Facebookに広告を出稿している事業者にサービスを提供することがあります。

例えば、FacebookのモバイルトラッキングパートナーはFacebook製品でCookieを使用し、広告主が自社のFacebook広告キャンペーンの有効性を判断したり、そのキャンペーンのパフォーマンスを他のウェブサイトやアプリに表示される広告と比較したりするのをサポートしています。Facebook製品でCookieを使用する企業について、詳しくはこちらをご覧ください。

サードパーティもFacebook製品に関連して、自社のサイトやアプリでCookieを使用しています。サードパーティによるCookieの用途や利用方法については、当該サードパーティのポリシーを確認してください。

FacebookによるCookieの利用を管理する方法について、以下でご説明します。

FacebookはCookieを使用することで、コンテンツとサービスのパーソナライズ、改善や、より安全な使用環境の提供に役立てるとともに、利用者にとって有益で関連性の高い広告をFacebook内外で表示できるようにしています。 利用者は下記のツールを使用して、Facebookが利用者に広告などを表示する目的でデータを利用する方法を管理できます。
Facebookアカウントをお持ちの利用者:
  • 広告表示の設定では、特定の広告がなぜ表示されているかを確認し、Facebookが取得した情報が広告の表示にどのように使用されるかを管理できます。
  • 広告の表示を改善するため、弊社では、Facebookグループ企業の製品以外(ウェブサイトやアプリなど)でのアクティビティについて、広告主や他のパートナーから提供されたデータを使用しています。広告の表示にこのようなデータの使用を許可するかどうかは、広告設定で管理できます。
  • Facebook Audience Networkを利用すると、広告主はFacebookグループ企業の製品以外のアプリやウェブサイトで広告を表示できます。Audience Networkで関連性の高い広告を表示する際に、興味がありそうな広告を判断するために利用者の広告表示の設定を参照することがあります。これについても、広告設定で管理できます。
  • 利用者はFacebook外のアクティビティについて確認できます。Facebook外のアクティビティとは、ビジネスや企業・組織が利用者とのインタラクション(アプリやウェブサイトへのアクセスなど)に関してFacebookと共有したアクティビティの概要情報です。この情報は、Facebookピクセルなどのビジネスツールを通じて共有されています。このような情報があることで、Facebookでは利用者それぞれに合った体験を提供できます。こうした情報の用途や利用者側での管理方法の詳細については、Facebook外のアクティビティでご確認ください。
すべての利用者:
Facebookやその他の参加企業からのインタレストベース広告がオンラインで表示されないようにするオプションもあります。米国ではDigital Advertising Alliance、カナダではDigital Advertising Alliance of Canada、ヨーロッパではEuropean Interactive Digital Advertising Allianceのサービスを通じて表示を無効にできます。AndroidまたはiOS 13かそれ以前のバージョンのiOSを使用できる場合は、モバイルデバイスの設定からも同様の広告を無効にできます。広告ブロッカーやCookieの使用を制限するツールを使用している場合は、これらの管理機能を妨げる可能性があります。
オンライン広告に関するその他の情報:
弊社と提携している広告会社の多くは、サービスを提供するうえでCookieや同様の技術を使用しています。広告会社が一般的にどのようにCookieを使用し、どのようなオプションを用意しているかについて、詳しくは以下のリソースをご覧ください。
ブラウザーCookieの管理:
また、お使いのブラウザーやデバイスによっては、設定でブラウザーのCookieを有効にしたり削除したりできます。そのような管理設定はブラウザーによって異なり、また利用できる設定や機能性はいずれもメーカーによって随時変更される場合があります。2020年10月5日現在、以下のリンクから一般的なブラウザーが提供している管理設定についての詳細情報をご確認いただけます。ブラウザーCookieを無効にすると、一部のFacebook製品は正常に機能しなくなる場合があります。これらの管理設定は、Facebookが利用者に提供している管理設定とは異なりますのでご注意ください。


最終更新日:2020年10月5日